スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドロコタイルさん「風の棲む大地」

M3も無事終わり、同人音楽聴きにとって忙しさ第二フェーズに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。
僕は買ったCDの半分も聴けておりませんが、幸せな時を過ごしております。
さて、今回のM3は怪作といったものはまだ見つかってませんが、良作は幾つか見つけ始めたのでぼちぼちと紹介したいと思います。
M3の新作じゃなくて2月に発売してたやんとか言うのはなしで。

CD名:風の棲む大地
サークル名:ハイドロコタイル
サークルURL:http://hydro.rdy.jp/ (HP先に試聴あり)
キーワード:ケルト風ファンタジー、インスト、ゲーム音楽、変拍子(ちょこっと)
オススメ:ファンタジーRPG音楽好きな人

風の棲む大地

インストオンリーのケルト風ファンタジー音楽サークル。
打ち込みで楽器の選択というのも変な言い方ですが、楽器の選択が非常に上手く、幻想的でどこか寂しく、時に壮大、時に情熱的と色々なものが詰まっています。
それでいて曲として綺麗にまとまっているためにとても聴きやすく、面白いCDになっております。
メロディ自体も現代的で王道なファンタジーRPGを地で行っており、ファンタジーRPG音楽が好きな人にはオススメです。
僕のボキャブラリーの問題で聴いてもらわないと伝わらないのが悔しいですが、リズム感がとてもファンタジーで楽しいです。
5曲500円(イベント価格)でこの内容ならばかなりお安いと思います。

個々の曲ではどれも面白いのですが敢えてあげれば5曲目の「Dance with North Wind」が素晴らしいです。
曲の中でも一つの物語になっているかのように展開されるのもツボですし、途中で主役楽器が入れ替わりながら幾重にも折り重なっていくのが素敵です。
あとアコーディオンがサポート役として素晴らしい働きをしているのがポイント高いです。
他の曲もそれぞれ面白いので是非聴いて確かめてほしいです。

なぜ今までノーチェックだったのか不覚ですが、このような音楽に出会えるのは純粋に楽しいです。
M3の新作もあるようなのでそちらも楽しみに、今から聞き込みたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 同人音楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

tag : 同人音楽 インスト ゲーム音楽 民族音楽 ファンタジー音楽

2013年春M3の予習その2

M3のチェックが予定の半分くらいしか終わっておりませんがみなさま以下がお過ごしてしょうか。
ついにM3は明日になってしまいましたが、ここまでで気になっているサークルを幾つかまたご紹介。

「hiyama」さん(委託先 E-02a "in the blue") 新譜『VIOGRAPHY』
http://hiyama.or.tv/
バイオリンの色々な面を見せてくれるインストアルバム。バイオリン好きなら是非試聴してほしいです。
一曲目「シトラスグリーン」の爽やかさも良いし、「イベリコ豚」のカッコつけたらかっこよくなったよ!みたいなのも素晴らしいと思います。他にも9曲目「Beltene」がアイリッシュ風味だったりと美味しいところをつまめるお得なCDかと思います。
ビバ・バイオリン!

「Dragon Spiral Music」 K15a 新譜『Round eight』
http://dragon-s.sub.jp/dragon/spiral.htm
プログレ・変拍子を売りにしたサークルさんとのこと。こちらもインスト。
中央線沿いの音楽感が出ていて、プログレ好きなら何かしら引っかかるものがあるのではないでしょうか。

「うたのは」A07b 新譜『冥境アナムネーシス』
http://www.utanoha.net/
物語音楽風味で元から好きなサークルの一つではあるのですが、今回もやはり期待できるということであげてみたり。
ダークファンタジーの中にある悲痛な感情とかの歌がとてもツボに嵌まるというのもありますし、一部で見られるゲーム音楽的というか民族音楽的要素もありーので今回も楽しみにしております。
物語音楽が苦手ででなければ是非。

簡単になってしまいましたが今回チェックして凄く気になったところです。
他にもチェックしてるところは結構あるのですが、全部書いてたいたら残りのチェックが終わらないのでこの辺で、ということで。
オススメとかあったらM3後でもいいので教えてください。はい

tag : 同人音楽 M3予習

2013年春M3の予習その1

今年の春M3も近づいてきたので、そろそろとサークルチェックをし始めました。
とりあえずキーワード民族音楽と普段買ってるところを片っ端から聴いて僕好みのを探すところから始めてますが、触りしかできていない状態。他にも電波ソングとかプログレとかインストとか探さないといけないものはいっぱいあるのですが…
さてそんな状態ですが試聴したりしつつちまちまと気になるサークルやここは買うだろうなあって言うのを備忘録も兼ねて晒していこうかなあと思います。

『雪蛍』C-09b(新譜「月夜のカーニバル(仮)」)
http://homepage3.nifty.com/tumaranaimonodesuga/
普段から買ってる注目サークルその1。変拍子ありーの、ダイナミックな変化もありーので個人的に垂涎ものなサークルさんですが今回も期待が持てそうな感じになってます。
「湖畔の小さな家」がとても好き。


『幼蚕文庫』I-10b(新譜「花の巣箱」)
http://yosanbunko.mimoza.jp/
今まで全然知らなかったサークルなのですが、たまたま聞く機会があって試聴してみたら世界観どんぴしゃ。少女の無邪気な黒さや純粋さの二面性が垣間見えそうな世界観を、これまた世界観にあった声で歌い上げてるように聞こえるのが素晴らしい。試聴段階であまりべた褒めしても仕方ないのですがそれだけツボに入ったということで。旧譜も含めて是非CDを入手せねばと思うサークルです。とりあえず期待度は今期No.1。

今週中には何とかかんとかキーワード民族音楽だけでもまとめておきたいと思います。とほほ

tag : 同人音楽 M3予習

2013年春M3も近づいてきたので

最近放置しっぱなしだったのですが、M3春が近づいてきたのでちまちまと更新しつつまた面白い音楽を見つけたら感想なんだかレビューなんだか分からないものを書いていきます。
とりあえず、今週の鳥越さんのAAVが楽しすぎて更新できない可能性はありつつも、土日に更新予定(って宣言しておかないとかかなそうなので...

amorphousさん「Musica Classica」

最近いそがしめで更新が滞っていましたが、久々の更新です。
定期的に更新したいのですがなかなか。
そんなことはさておくとして。

初の同サークル2度目のレビュー(というか感想と言うか)。
すごい好きなCDなのでいつか書こうと思いつつもきっかけがなくて書けなかったのですが、冬コミでミニ冊子を配布していたので書くなら今しかないと思い今回はこちらのCDを。

CD名:Musica Classica
サークル名:amorphous
サークルURL:http://amorphousmusic.blog84.fc2.com/ (HP内にて試聴可)
キーワード:クラシック、同人音楽、女性ボーカル、エレクトロニカ(?)

musica_classica


どこかで聴いたことがあることも多いでしょう、有名なクラシック曲「ブラームスの『交響曲第1番』第4楽章」をモチーフにして、少女風味を加えて鍋で煮込み現代風に纏め上げたようなCDとなっております。
ポップであり、キャッチーでありつつも、どこか懐かしいという不思議な曲に、初めて聴いたときは衝撃を受けた覚えがあります(一応言っておくと僕は別にクラシックに明るいわけではないです。
クラシックをモチーフとは言いましたが、別段元の曲を知らなくても楽しめるできですのでその点は問題ないです。
ボーカルには緑坂亜綾さんという方がついておりますが、このCDにばっちりかんかん、ぴったりはまってるように思います。
また細かいところですがCDの文字のフォントとデザインにも萌えます(これ大事)。

1.program
 物語の開始を告げる様々な効果音の後にオルゴールの音で始まります。
この曲の立ち位置は難しい気がしますが、素直に幕を開けるためのプロローグと思っています。
これのおかげか僕はいつもamorphousさんの曲は自分が聴衆であることを前提に聴いている気がします。

2/4.Midnight Dancing~永い夜の物語~
 星空のようなキラキラしたかわいらしいイメージの曲。メルヘンな恋の歌にも聞こえます。
ボーカルの独特な歌声がばっちしマッチしているのも、こういった可愛らしさい繋がってるかと。
使用楽器は基本的に電子楽器なのですが、詳細は不明(というか僕の知識だと分かりません)。
最後の転調にぐぐっと引っ張られてテンション上がるのがお気に入りだったり。

3/5.歌よ、風と共に駆けよ
 ボーカルの伸びのある歌声から始まる曲で、こちらもキラキラした曲ながらMidnight Dancingよりもスケールが大きいというか壮大なイメージに。
まさに「あまねく響き渡れこの空どこまでも」(歌詞引用)がぴったりな曲です。
歌詞内容は未来への不安と希望を軸に、音楽をよりどころとして進んでいく明るさが表現されています。
ボーカルの歌い方がMidnight Dancingとはまた違った歌い方をしており、素朴で真っ直ぐな歌い方がこちらの曲にぴったりかと。
細かいですが後ろで響くピアノの音がお気に入りです。あとクリスマスっぽい感じの楽器の音色も好きです。
そして何より「悲しみも喜びも歌と共にある」(歌詞引用)っていうフレーズが好き。

コミケで頂いた冊子にはMusica Classicaのシリーズ化の話が出ておりこちらにも期待したいところです。

テーマ : 同人音楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

tag : 同人音楽 女性ボーカル POP音楽 クラシック

プロフィール
同人音楽を中心に色々な音楽を聴くのが最近のお気に入り。でもマイナーな曲もあるので、もっとみんなに知ってもらって語りたかったりする日々をすごす。基本雑食、オススメはウェルカム。あ、漫画も読みます。

Author:rururira1830

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
タグ

同人音楽 インスト ゲーム音楽 民族音楽 ファンタジー音楽 M3予習 女性ボーカル POP音楽 トラッド クラシック ケルト音楽 商業音楽 プログレ ポリリズム 

お気に入りサークルリンク
まだ途中だけど
お気に入り商業音屋さんリンク
まだ途中
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
同人音楽をチェックしてるサイトさん
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。